双極性障害を乗り越える力を得るために知っておきたい7つのこと

双極性障害を乗り越えるために知りたいこと

障害者認定の取得

双極性障害を罹患してしまった患者は、健康的な生活を送ることが難しい傾向にあります。自分自身の生活を守る以前に、自分自身の精神を守ることで精一杯で、仕事を行ったり社会生活を行ったりしている場合ではないことも少なくありません。
ですが、双極性障害の患者も社会の一員であることから、自立した生活を送ることができる必要性があります。その必要性を満たすために、双極性障害の罹患者には障害者手帳が交付されます。
厳密には、精神障害者保健福祉手帳と呼ばれるタイプの手帳を交付してもらうことができるようになっていて、状況と問題の程度に合わせて福祉サービスを利用することができるようになっています。

障害者手帳を交付されるようになると、税務署に申告を行うことによって税に関する優遇を受けることができるようになります。また、携帯電話の基本料金が半額になることで経済的なサポートが受けられるようになっています。
さらに、居住している自治体において公共機関やレジャー施設を利用するにあたっての料金が軽減できたり、タクシーや有料道路の料金を補助してもらったりすることができるようになります。
家賃の減免を行ったり、上下水道代の減免を行ったり、ライフラインに関わる部分の支出を減らすこともできるようになります。

双極性障害の罹患者がどれ位のレベルで症状を発症しているかによって待遇が変わってくる部分がありますが、自分から申請をしないとこの補助を受けることはできません。
苦しい思いをする分、その救済として提供されるこのサービスを活用することはとても大切で、居住する自治体の役所において確認をして申請をすることで生活をサポートしてもらえるでしょう。